Lucanus76の隠れ家

趣味の出来事を気ままに綴ったブログです。更新は不定期になります。


WD40EZRX

  1. 2015/05/03(日) 06:00:00|
  2. PC関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
会社のサーバーのバックアップ用に4TBのHDDを買ってみました。
WesternDigital WD Green 4.0TB

WD40EZRX
201504058834N8BR.jpg

キャッシュ 64MB
ディスク容量 4TB
データ転送レート 6Gb/s 150MB/s
2年保障

おそらくですが・・・
1プラッター1GB
4ヘッド
IntelliPower(Max 5400rpm)

シーク音もほとんどなく非常に静かで温度も低いようです。
回転数が遅い割には転送速度もそこそこ速く、安価というのが魅力です。


HDDですが、会社で長寿命HDD搭載のサーバーを買ったことがあるのですが、
RAID5のHDD4台中3台が順次故障という酷い目に遭ったことがありまして、
PCメーカー保障で交換したHDDは長寿命タイプではなく普通のタイプ(爆)
PCを知らないと思って普通のタイプをインストールされたのですが、
こちらはわざわざ高価な長寿命タイプのHDD搭載のモデルを購入していたのですが、
HDDに関しては一切の説明もありませんでした。

その一件以来そこのPCメーカーは信用できず、一切購入しないことにしました。

HDDに関して
1)基本消耗品と考えて、定期的に壊れる前に交換していくこと
2)RAID5は効率悪いので、RAID1またはバックアップHDDをシングルで接続
3)バックアップはServer2012に標準でソフトが付いてますので、
スケジューリングするだけで管理が簡単になりました
4)一番重要なのは温度管理で、冷却さえ問題なければ故障する確率は非常に低いと思います

個人で使用しているHDDに関しては、PCのケースがフルタワーということもあって
内部空間に余裕があって、冷却FANも大型の静音タイプが装着可能なので、
HDDが故障したという経験はありません。

価格comのレビューやクチコミですぐに壊れたという情報が上がっていますが、
使用環境が書かれていませんので鵜呑みにすることは出来ないと思います。
窒息ケースにHDDを突っ込めば、PCケース内温度が上昇し、
HDD本体の温度も上昇しますので、HDDのベアリングのグリスの劣化が早くなり
結果HDDが壊れるのは当たり前ということになります。

一度HDD本体の温度が上昇してしまうと、アクティブ冷却しないと温度は下がることはありません。
くれぐれもFANが故障していないか注意しておけば、大概は大丈夫かと思います。

個人的には、フルタワーのケースに3台のHDDが入っているのですが、
HITACHI 2TB
Seagate 2TB
TOSHIBA 3TB

TOSHIBAの3TBのHDDですが、よく壊れると言われているロットのHDDなんです(笑)
7200rpmということもあって温度が上がり易い固体なのは確かなんですが、
普通に冷却すれば温度が上がってしまうということはありません。
室温25度で31度で安定しています。

Seagateの2TBのHDDですが、こちらもよく壊れると言われているDM001ロットです(爆)
温度は29度と一番低かったりします(笑)

HITACHIの2TBのHDDですが、こちらが一番古いタイプで稼動時間も一番長いので、
そろそろ4TBに交換しようかと思っています。

GW特価で安ければ購入したいですね。

テーマ:PCパーツ - ジャンル:コンピュータ


<<美山かやぶきの里 [ 京都府南丹市美山町 ] | BLOG TOP | 川湯温泉 [ 和歌山県田辺市本宮町 ]>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback