• 2017_06
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_08

Lucanus76の隠れ家

趣味の出来事を気ままに綴ったブログです。更新は不定期になります。


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SIGMA 24mm F1.4 DG HSM ART

  1. 2015/03/30(月) 02:00:00|
  2. 機材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
シグマの24mmハイスピードレンズ SIGMA 24mm F1.4 DG HSM

201503292344N7BR.jpg
SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM

まずは開放からシャープというのが第一印象
最短から∞までの回転角は90度程度
フォーカシングは非常に静かですが、スピードは普通の部類でしょうか・・・






生憎の雨のため室内で撮影
窓ガラスの雨粒にピントを合わせて撮影してみました。

F1.4
201503298801N8BR.jpg

F8
201503298806N8BR.jpg

解像度の高いレンズは二線ボケの傾向があるので、
これはこれで仕方無いかもしれません。
(状況によるとちょっと煩わしいと感じるかもしれません)

201504118908N8BR.jpg

201504118948N8BR.jpg


バックをより遠景に逃がせば柔らかい表現となって、
私は非常に好ましいと思います。
201504118953N8BR.jpg

それより広角でありながら大きくぼかすことが出来るというのが、
今までに経験のしたことない表現に使えるのが良さそうです。

Distagon 35F1.4は柔らかい表現なので、この24mmを1.5倍クロップして36mm換算にすると
どのような表現になるか比較してみたいですね。



私的にはテーブルフォトから使える非常に扱い易いレンズだと思います。
解像力の高さゆえに二線ボケ傾向になる場合がありますが、
それを上回るフォーカス部のカリカリ感は特別だと思います。
個人的には旧シグマ50mmの広角24mmバージョンと思っています

最短撮影距離が非常に短いこの24mmはこれから重宝しそうです


テーマ:写真日記 - ジャンル:写真


<<ありがとう CR-V | BLOG TOP | 吊るし雛 生熊酒造 「超群」の展示館にて>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。