• 2017_10
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_12

Lucanus76の隠れ家

趣味の出来事を気ままに綴ったブログです。更新は不定期になります。


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

i7-4790Kその後2 Intel XTUベンチマーク

  1. 2014/07/21(月) 20:00:00|
  2. PC関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
常用機の設定がほぼ決まりました。
負荷時 4.6GHz Vcore=1.200V
無負荷時 800MHz Vcore=0.722V

4.6GHz時のXTUベンチ結果
4061MHz

最高温度は88度になりますが、問題ないと思います。






3770Kからの入れ替えになりますが、
クロックの伸び代はほとんど有りませんが、レスポンスは相当良くなっています。
キャッシュも4.6GHzにしたいところですが、残念ながらフリーズするので4.4GHzに抑えています。
5GHz常用といきたいところですが、現状では4.6GHzが限界のようです。
ただ4.6GHz時も4コア全てを4.6GHz動作させることが可能ですので、ここがIvyと違うところですね。
4790K 4.6-4.6-4.6-4.6
巷では4790Kは4.6-4.6-4.5-4.4という話でしたが、All4.6設定が可能です。

個人的には非常に満足しています。

システム状況
System.png

CPUスコアは7.8
こちらは4C/8TのCPUでは、液体窒素を使っても7.9になることはありません
コア数の多いXEONでないと7.9を拝むことは不可能

CPU内臓のGPU HD4600のスコアは6.7
こちらは手持ちのビデオカードに交換しますので、スコアは7.9になります

メモリのスコアは7.8
メモリが1600MHzとショボイので、安くなれば上位のメモリに交換したいです。
2年前に4GB*4=16GB 6K円で買ったので、今は高くて買えません(爆)

ディスクのスコアは7.9
SSDを導入すれば7.9になります
今回は今まで使用していたSSDをそのまま使っています
128GBをRAID0にして256GBとして使用

今回はHDDもデータ用に2TBから3TBに補強します。
使っていた2TBはTV録画専用にしたいと思います。

4コア4.6GHz CPUストレステスト
4061StressTest.jpg

追記
2014/08/09
ビデオカードを560Tiに戻しました。
Windows エクスペリエンス インデックスを更新
WEI560Ti.jpg

CPU以外のスコアは全て7.9に更新

560Tiをインストール時は嵌りました。
ビデオ出力が出ない・・・

Z97はPCI-EXがGen3がAUTOで設定されています。
手持ちのGTX560TiはGen2のためリンクスピードの不整合が発生するため
ビデオ出力が出来ないことが判明。

BIOSにてリンクスピードをAUTOからGen2に変更することで解消しました。

10月にMaxwellが登場するようなので、
GTX860またはGTX870にグレードアップしようと思います。




テーマ:PCパーツ - ジャンル:コンピュータ


<<i7-4790Kその後3 CINEBENCH R15 | BLOG TOP | i7-4790Kその後>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。