• 2017_03
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_05

Lucanus76の隠れ家

趣味の出来事を気ままに綴ったブログです。更新は不定期になります。


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Core i7-4790K 空冷 5GHzオーバー (5228MHz動作確認)

  1. 2014/07/06(日) 19:00:00|
  2. PC関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
メイン機入れ替えで買っていたCore i7-4790Kですが、
やっと時間が出来たので回してみました。

あまり良い報告が無かったので、回すのも気が重くて今日になってしまいました。

BIOSからの起動は51倍(4Core)までOKでした。
52倍は空冷では難しそうです。
BCLKで102.55MHzまで引っ張って、5228MHzまでの動作確認ができました。

4790K-5228.jpg

i7-2600Kに比較してキャッシュが速くなった分かなり高速になっています。
定格で使っても問題ないレベルだと思います。

僕の使用環境だと、4.6GHz(VCore=1.30V)までなら全く問題なく常用できそうです。
4.8GHzだとVCore=1.35Vほど必要になります。
5GHzまでだと静音FANでも問題ありません。
残念ながら5GHzでの常用は、今の石では不可能ですね。
というか、空冷で使用する勇気が有りません。

4.6GHzで使用しても2600K@5GHzとほぼ同等ですから
十分納得できるのではないでしょうか?

Core i7-4790K
空冷
ヒートシンク : メガハーレム
M/B : ASRock Z97 Extreme6
VGA : 内臓HD4600

とりあえずバラックにての結果です。



テーマ:PCパーツ - ジャンル:コンピュータ


<<i7-4790Kその後 | BLOG TOP | Intel XTUベンチ>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。