• 2017_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_11

Lucanus76の隠れ家

趣味の出来事を気ままに綴ったブログです。更新は不定期になります。


Intel Core i7 2600K

  1. 2011/01/30(日) 22:46:53|
  2. PC関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
今日も休日出勤でした。
昼休みに車で地元のパソ工へ。

2600Kが4個ほど入荷していましたので、早速見せて貰った。
オーーーーーーーーーーーーーーーー!!!
なんと初期ロットの2600K。

201101305102BR.jpg
SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM


気が付けば手には青い箱が2個。
1個は友人の代理購入分です。

意外と地元が穴場かも!

PCパーツは、「 見たら買え!!! 」の世界で、
その時に買っておかないと、後で後悔することが非常に多いですね。


Core i7 2600K ロット番号の拾い読み

Lot Batch High Clock (Super Pi 1M完走クロック)

**03****A(B)

L038A659 2V030005A 5552MHz 5314MHz
L038A660 2V030001A
L039B214 2V031042A
L039B467 35037614A
L039B470 3503

L040B208 2V030001A
L040B226 2V030017A 5797MHz 5518MHz
L041B202 35031249A 5743MHz 5720MHz 5700MHz 5671MHz 5606MHz 5578MHz 5489MHz
L041B204 35031283A 5380MHz
L041B229 2V031111A 5328MHz

L042B069 3503

**04****A(B)

L045A912 35040312A
L045B005 2L041385A
L045B011 2L041213A
L045B011 35041290A
L045B356 35049211A
L045B356 35049304A

L046B106 35041363A

L047A898 35041350A
L047A906 35041350A

L048A937 2L043038A
L048A937 2L043039A
L048A937 35043199A

3049A288 35044710A
3049A351 35045557A

L050A855 2L043041A
L050A855 2L043105A
L050A855 2L043106A
L050A855 2L043108A
L050A856 2L043041A
L050A955 2L043108A

L051A954 35044063A
L051A964 35044133A
L051B142 2L043365A



あなたの2600Kはどれ?


******


現時点では、L041B202ロットが最高のハイクロックをたたき出しています。
5.7GHzオーバーとは、これはもう神石としか言いようがありません。
ロット内での個体差は結構あると思いますので、まだ隠れた高耐性石もあるかと思います。
今のところ、いわゆる初期ロットの**03****A(B)しか回らない(ハイクロック)みたいですね。

ハイクロックにこだわらなければ、低電圧型の方が常用機に最適となりますので、
上記のロットにこだわる必要は全くありません。

確率的には初期ロットの方が耐性のバラツキが小さく、当たり石を引く可能性が高いと言えます。
それ以降は寄せ集め(同ロットでBatchが異なる)となるためにバラツキが大きくなります。
バラツキが大きくても、所謂当たり石は仕込んであるのでハズレとは言えません。
また忘れた頃に大当たり石が出たりして、Intelさんは商売上手です。

結局は、「引きの強い人は当たり石を引けるし、引きの弱い人は引けない」ということに尽きます(爆)
私はだいたい2割バッターというところです。


02/06(日)
L041B202にて5743.2MHzを達成しました。
空冷で5.7GHz超えは日本では最高記録だと思います。
冷やせば世界記録の5.8GHzを超えるかもしれませんね。

M/Bが販売中止で4月まで入手不可能となった今では、CPUの消化率も悪くなって新たな石の入荷ペースが
遅くなってきます。
よって、選ぶべきロットも限定されてしまいますので、困ったことになります。

この石は出張先で入手できたのですが、1/9のご祝儀相場の値段が付いたままだったので、
値段の高い関係で敬遠され、お蔭様で売れ残ってしまったようです。
まだまだ地方を狙えば残っている可能性があります。
機動力でゲットできるかもです。

このロットは外れても5.4GHzオーバーはほぼ確実だと思いますので、
バラツキは200MHz程度ということになります。

02/09(水)
DAKARAさんL040B226でWRを達成されました。
Max Clockに至っては、5863MHz
これはもう凄いとしか言いようがありません。
おめでとうございます!!!!

02/15(火)
L050A8555640MHz強調文出ているようなので、競技する方以外はロットに拘る必要はなさそうです。
でも、5.7GHzオーバーは現時点ではロットが限定されているのも事実です。

03/06(日)
耐性報告がほとんど無いようなので、一旦終了します。
M/Bが再販されればCPUにも動きがあるでしょうから、
その時に再開したいと思います。

私自身はP8Z68を入手してから再開の予定です。










テーマ:PCパーツ - ジャンル:コンピュータ


<<Core i7 2600K 耐性チェック開始 | BLOG TOP | 雪中保線作業>>

comment

No title

  1. 2011/02/09(水) 14:53:48 |
  2. URL |
  3. 自作未熟者
  4. [ 編集 ]
始めまして。
いろいろOCについて調べてたらこちらへたどり着きました。
CPUについて大変、勉強さて頂きました。有難うございました
ちなみに「L040B226」のロッドが当りの様に思えますがそうなのでしょうか?
少々、ロッドには関しては無知でしてよろしくお願いします。

Re: No title

  1. 2011/02/10(木) 22:59:18 |
  2. URL |
  3. Luca
  4. [ 編集 ]
> 始めまして。
初めまして

> いろいろOCについて調べてたらこちらへたどり着きました。
> CPUについて大変、勉強さて頂きました。有難うございました
特に何も書いてませんが、参考になりましたら幸いです。

> ちなみに「L040B226」のロッドが当りの様に思えますがそうなのでしょうか?
> 少々、ロッドには関しては無知でしてよろしくお願いします。
ロッドではなくLot(ロット)ですよ!

拾い読みしてますが、報告が無いので掲載することができません。
とりあえず、「超大当たりが出た」というしかないです。

初期ロットはすでにメイン機に入ってしまって耐性チェックできる方が少ないのかもしれません。
B204も報告が少ないのですが、傾向は似たものだと思います。

勝手な解釈で行きますと、
基本耐性が5500MHzとして、製品の品質のバラツキが+/-5%だとすると、

5500*0.95=5225MHz
5500*1.05=5775MHz

上下550MHzの差が出るわけで、OC的には5500MHz超えれば大当たりだと思って良いのでは?

常用機派はVcore=1.2Vで5300MHz廻るような低電圧型が入手できれば超大当たりであり、
使用目的によって解釈が変わってきます。
ですから廻らないといって悲観する必要は全くないです。

2600Kを購入する方はOCにトライするために購入されていると思いますので、
廻れば廻るほど良いのでしょうね。







 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback