FC2ブログ

Lucanus76の隠れ家

趣味の出来事を気ままに綴ったブログです。更新は不定期になります。


Nikonのミラーレスカメラ Zマウントへの妄想

  1. 2018/01/17(水) 04:00:00|
  2. 機材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
デジカメInfoにNikonのミラーレスに関する記事が出てきたので一人妄想

マウントはZマウント(仮称)
- マウントの内径は49mm
- フランジバックは16mm

SONYのEマウントは
- マウントの内径は46.1mm
- フランジバックは18mm

NikonのFマウントは
- マウントの内径は44mm
- フランジバックは46.5mm

以下は私一人の妄想ですので、悪しからず




当然のことだけど、
Z→F変換マウントアダプタを使用すれば、
NikonのFマウントレンズが使用可能
電磁絞りのEタイプであれば完全対応

ZマウントはEマウントより大きく、フランジバックは短い
ということは、Z→FEマウントアダプタを使用すれば
Eマウント用のFEレンズが使用可能になるということを意味します

また、SIGMAがZマウントのミラーレスレンズを供給とのこと
(こちらは裁判等いろいろあったので、眉唾ものですが・・・)
いよいよNikonもマウント情報をオープンにする???

これが本当なら、当座は最少構成の純正&SIGMAのレンズであっても問題なし
Z→Fマウントアダプタを使えば現行のFマウントレンズが使用可能
Z→FEマウントアダプタ(SIGMAが作りそう)を使えば
EマウントのZEISSやGマスターレンズが使用可能(たとえマニュアルになったとしても)
標準・広角系はEマウントで
長玉短焦点に重点を置けばSonyに流れた客層を呼び戻せますよね

SIGMAがZマウントを採用してQuattroのボディを出してきても共存可能ですよね

あと注目したいのが、マウント内部の穴形状
36mm正方形センサーをイメージさせるような画像・・・
( ↑ マウントサイズから見ると無理ですね)
36mm×24mmサイズのライカ版がいわゆるフルサイズ
これを36mm×36mmの正方形イメージセンサーZXにすれば
FX 36MP (36mm×24mm)
ZX 54MP (36mm×36mm)
丁度良い・・・
ZXからクロップでFXにするようにすれば、
三脚に固定したままで縦撮り・横撮りも可能になりますから
ビデオ雲台を使ってる自分にとってはボタン1つで縦横切り替え可能になるので
是非とも正方形イメージセンサーを載せてきて欲しいですね
このままクロップでDX、CXまで使えるようにすれば・・・

EVFを高解像度にすれば、
レンズのf値に関係なくこれ1台で全てのフォーマットをカバー出来ることになります

Z→EFマウントアダプタを出せばCanonのレンズも使用可能に・・・
Z→Mマウントアダプタを出せばLeicaのレンズも使用可能に・・・

全てを丸呑みする Nikon Zマウント

全てに終止符を打つ Nikon Zマウント
ゲームチェンジャーならぬ
ゲームセット だよね


今回の後出しじゃんけん、良かったんじゃない?
長玉以外はSonyが準備してくれたんですから・・・

Snnyも長玉準備するにはEマウントの強度をアップしないと使えません
結局Pro仕様のカメラとなると大きくなってしまいます
東京オリンピックはα11 Professionalとかの名で出てきそうですね

妄想が膨らみます


ただ1つ気になる点が・・・
Nikonにはボディ内手振れ補正の経験がないような・・・
5軸手振れ補正で出せるのかな?
冨士フィルムもボディ内手振れ補正をX-H1で搭載してきます

これが無いとインパクトに欠けるかも

頑張れ Nikon !!!








テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真


<<瀬戸内海の夜明け | BLOG TOP | ヤマセミ>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback